玉島医師会の紹介

会長挨拶

玉島医師会のホームページをご覧いただきまして有り難うございます。
玉島医師会は、倉敷市を南北に流れる高梁川の西側に位置する倉敷市玉島、船穂地区の医療機関50施設(病院7・診療所43)と医師会員74名で構成されています。昭和27年の玉島市制に伴い、それまで所属していた浅口郡医師会から分離し、玉島町と船穂町の医師により玉島市医師会を設立、昭和42年の倉敷・児島・玉島の三市合併により、玉島医師会と名称を変更しています。また、平成25年4月より一般社団法人となり、より公益性の高い事業を行うように定款を変更しています。
 当医師会は、地域医療の質の向上を推進し、地域住民の皆様の健康と生命を守るために、行政が実施する乳幼児健診、予防接種、生活習慣病検診、各種がん検診、夜間・休日当番などに協力するとともに、介護認定審査会や障害者自立支援審査会への出務、学校医として幼稚園・小・中・高校での学校保健活動、産業医として労働者の方々の健康管理や労働環境管理などを行う産業保健活動なども行っています。
 また、当医師会館内に玉島訪問看護サービスセンターと介護保険事業所たましまを併設し、充実した在宅医療、適切な介護サービスを提供できるように対応しています。
平成25年10月より玉島訪問看護サービスセンター内に「玉島看護・介護ホッと相談室」を開設し、地域住民の皆様が気軽に看護・介護の相談ができるサービスを開始しています。
 当医師会会員は日常診療を行いながら、新しい医療知識、技術の習得のため、講演会・研修会で日々研鑽に努めています。今後とも地域の皆様の健康保持、増進に役立つように、医療水準の向上を目指していく所存であります。
 このホームページは地域の皆様が安心して暮らせるように、様々な医療情報を提供して参りたいと思っていますので、お気軽にご利用下されば幸いです。

平成26年6月  会長 守屋 直人

玉島医師会役員の紹介

(任期:平成28年6月18日〜平成30年定時社員総会終結の時まで)

会長   守屋 直人
副会長   古城 靖
    植村 庸治郎
  (総務) 仁科  晃
  (公衆衛生) 瀬崎 宏之
  (学校医) 尾上 仁一
  (社会保障) 井上 裕昭
  (事業) 中塚 繁治
  (生涯教育) 鳥越 保之
  (産業医) 畑中 裕司
  (地域福祉) 進藤 真
  (広報) 出宮 通孝
監事   小野  要
    高越 秀和
裁定委員   柴田 志
    瀬崎 信明
    西崎 哲一
    西山 剛史
    藤沢 洋之
顧問   藤田 洽二
議長   仁科 秀雄(H29.3.31迄)
副議長   河野 秀哉(H29.3.31迄)

玉島医師会の各委員会の具体的な活動内容は次の通りです。